支笏湖 モラップキャンプ場

さて、休みの日は何をしよう。

お仕事のお休みの日と言ったら、何をしますか?
買い物?遊園地?ドライブ?

やっぱりこの夏を満喫するならアウトドアはおススメです。
そしてアウトドアと言ったら、キャンプ!!
先日、北海道の支笏湖にあるモラップキャンプ場に行きました。
場所は札幌から車で一時間半くらいの所にあります。

支笏湖とは、北海道千歳市にある、淡水湖です。
湖の周囲は約40km、最大水深360m、平均水深265m、
そしてなんといっても透明度が高いのです。
環境省の湖沼水質調査では何度も日本一に認定されています。

キャンプに参加したのは仲間内の10人くらいでした。
今回はキャンプの内容をご紹介します。

キャンプ場に着いたら、すぐさま各自寝床のテントを張ります。
友人が大きいテントを持っているので、張るのを手伝い、
気温が12度と寒かったので、薪ストーブも準備します。

テントを張り終わったら、毎回恒例の『無水カレー』を作ります!
ダッチオーブンを用意して、野菜や肉、スパイスを入れ、
この時に水は一切使わず薪ストーブの上において放置します。
え!!と思うかもしれませんが、12時間ぐらい放置すると、
野菜から水分が出て、そして全部がうまみとなるので、
次の日の朝ごはんがとっても楽しみになるのです。

あとは各自イスをだして、お酒をだして、つまみをだして、
宴会の始まりです。
ある程度わいわいすると、お腹も減ってくるので晩御飯の準備をします。
今回は、ブリのたたき、焼カキ、アスパラの炒め物、まぐろのカマと、
シーフード祭りになりました。

imageimageimage
美味しくご飯を食べ、楽しくお酒を飲み、色々な話をして、
各自疲れたら好きな時に就寝しました。

そして朝起きると、12時間煮込み続けている、無水カレーの蓋を初めて開けます!
この時の香りがまた食欲増進させるのです。

すぐさまダッチオーブンでお米を炊き、
大体1時間あればふっくら美味しいお米が炊きあがり、
カレーと一緒に朝ごはんで食べます。

image
そして全員がゆっくりゆっくり喋りながら、キャンプを楽しみながら片づけをして、
ゴミなど落ちていないか最後の最後に確認して、終了となります。

特別何をしたということではないのですが、
支笏湖という素敵な場所で、友人たちと一緒に外でキャンプする事に楽しみがあり、
そして充実する一日を過ごせるのが醍醐味です。

今回の天気が残念ながら曇り時々霧雨だったのですが、
天気がいいとSUPやカヤックで支笏湖の透明度を間近で見るのも、
楽しみの一つでもあります。

Viaggio の紹介

旅行大好き人間です
カテゴリー: 日本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です