44日目 イスラエル最終日

2週間にわたるイスラエルでの滞在も今日でいよいよ最後になります。

長いようで短かったそんな2週間でした。滞在期間自体はギリシアでの滞在と数日しか変わらないのですし、物理的な距離で言えば両者はそれほど離れていないのですが、かなり異なる印象でしたねー。

まだ最終日が終わったわけではないのでまだまとめに入るには早すぎですが笑

 

とにかく最終日。と言ってもそんなに観光に勤しむこともないので、今日は一日ゆっくり過ごしました。朝もちょっとゆっくりとしていました。同じ宿に滞在していたアメリカ人のおじさんにイスラエルのことや、他にも彼が今まで仕事や旅行で訪れた国のことを教えてもらったり、宿のアイドルであるネコとたわむれていたり笑

A Cat(Tel Aviv)4

そんなかんじでグダグダしながらようやく街に出ました。

Falafel&Lemon Juice(Tel Aviv)

朝食はイスラエルでは定番のファラフェル・サンド。

イスラエルでは物価が高く、特に食事は割高感があるのですがテルアビブは他の街に比較すると競合店が多いからなのか、割合リーズナブルな価格で提供する店も多い気がしました。それでも個人的にはギリシアのピタのほうが味も価格も満足度が高かったのですが…。

それはさておき、小腹も満たしたので昨日の観光の続きではないですが、今日は海岸沿いをずっと歩き続けてみました。

Seaside17

天気もよく、11月とはとても思えない陽気です。日本ではけっこう秋も深まっている季節だと思いますが・・・。地中海の沿岸にあるここテルアビブは日本とは大違いです。結局ここで美しい海と青空を眺めつつ、心地良い波の音を聞きながらかなりの時間を費やしてしまいました。

それからようやく重い腰を上げ、さらに北上して現れたのはテルアビブの港です。おしゃれなカフェやレストラン、ショップが集まりアンニュイな午後を過ごすには良い所だと思います。

Tel Aviv Port6

ただわたしはあまりに海沿いで時間を使いすぎてしまったため、ここではそんなに長い間いませんでした。そのまま東の方に歩き緑あふれる公園とディアスポラ博物館が併設されたテルアビブ大学に行き、空港に早めに向かうため荷物のおいてある宿に戻りました。

 

テルアビブ発のフライトは18時30分でしたが、出国審査がかなり厳しいという噂だったので4時間前には着くように空港に向かいました。空港までは電車で。思った以上に早く着くことができました。

そして肝心の出国審査。やはり他の国とは比較にならないほど時間がかかりましたが、わたしの場合は運が良かったのかそれほどしつこく質問をされたりといったこともなく、けっこうすんなり通してもらえました。ちょっとだけ聞かれたのがアラビア語のあるスタンプ。わたしの場合はイスラエルと中の悪いイスラム圏の国のスタンプはなかったのですが、それでもちょっとつっこまれましたね。

他の旅客を見ていたらやはり最低限の英語力があった方が良いなと思いましたが。でもそのあたりはやはり運というか、審査官次第というのもあると思います。

そしてようやく一番の気がかりだった出国審査も終わり、出発ロビーに入ることができました。

Airport2

免税店やレストランも多く、想像以上に綺麗でした。空港の中でも市内とそれほど物価も変わらなかったので心置きなく余ったイスラエルのお金を使い切れました。

 

正直イスラエルは物価の高さがネックとなってギリシアにいた頃ほどワインを飲んだり、食事を楽しんだりできず、観光も宗教的施設が多いこともあって、おおっぴらにはしゃいだりもできずにいたので、心から楽しめたかと聞かれたらちょっと返答に困ってしまいますが、それでも歴史的、宗教的に重要なところを多数訪れることもでき、親切な人達とも出会うことができてよかったと思っています。とりあえず今の心境としてまたすぐ来たいとは思いませんが、いつか何十年後かにまたこれたら良いなと思っています。

これからイスラエルを発ってまず向かうのはイスタンブールの空港です。イスラエルとトルコも距離的には近いですが、トルコはより開放的な感じがして個人的に大好きな国です。

なお今回のフライトはペガサス航空というトルコのLCCです。イスタンブールまでは約2時間。アテネからテルアビブ間のフライトとほとんど変わらない距離です。けっこう料金的にも割安にチケットが取れてよかったです。

 

それではまた。次の国についてから更新します。

Viaggio の紹介

旅行大好き人間です
カテゴリー: イスラエル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA