36日目 エルサレム観光③

エルサレム観光の最終日。今日は新市街を観光していきます。といってもかなり広いのですべてを見ることはできませんが、悔いの残らないようにしたいですね。

まずはトラムに乗ってヘルツルの丘へ。イスラエル建国の父と言われるテオドール・ヘルツルが眠る墓地があるのですが、何よりヤド・ヴァシムと呼ばれる第2次世界大戦でナチスに虐殺された人たちを慰霊するために建てられたホロコースト記念館があります。

Yad Vashem12

ここで見た当時の悲惨さを伝えるものはアウシュヴィッツで感じた以上の衝撃でした。エルサレムに来たなら皆さんにもぜひここには来ていただきたいと思いました。

 

そしてヘルツルの丘から少し離れたところにあるエン・カレム地区まで歩きました。

St. John-C3

ここにある洗礼者聖ヨハネ誕生の教会は、イエスに洗礼を施したという聖ヨハネが生まれたとされる洞窟の上に建てられたものです。伝説が真実かどうかはわかりませんが、かなり遠いところにもあるにもかかわらず巡礼者も多く来ていました。

エン・カレムは洗礼者聖ヨハネとその両親のザカリアとエリザベツが住んでいたとされ、聖母マリアが身ごもったときにエリザベツを訪れたとされる聖母マリアの訪問教会もあるので巡礼者が多いというのも納得のいく話です。

ここから一度街の中心の方までバスで戻り、グレート・シナゴーグなどをチラ見笑

Great Synagogue

なお新市街は旧市街とは印象が異なり、近代的で綺麗な感じがします。旧市街が汚いというのでは決してありませんよ笑

それからエルサレム新市街の台所として名高いマハネー・イェフダー市場を見たりしながら、イスラエル博物館にやってきました。

Makhane Yefuda Market3

Israel-M

イスラエル博物館は非常に広大で、死海に近いクムランで発見された死海写本の展示されている死海写本館や50分の1スケールの第2神殿時代(紀元前516年~紀元前70年)のエルサレムの模型があったり、考古学、ユダヤ美術、モダンアートなどイスラエル博物館の名にふさわしいミュージアムです。実際、わたしもひととおり鑑賞を終える頃にはすっかり日も暮れて暗くなってしまっていました。

 

エルサレムとその近郊で過ごした6日間が終わり、いよいよ明日は次の街に移動することになります。エルサレムはあらゆる意味でとにかく凄いとしか言いようが無いところでしたが、明日からはまた違った風景が見られると思います。それもまた楽しみです。

 

Viaggio について

旅行大好き人間です
カテゴリー: イスラエル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です