26日目 ①ハニア観光

昨晩ピレウスを出港した船は、約9時間ののち、早朝6時20分にクレタ島のイラクリオンのフェリーターミナルに到着。

はじめてのクレタ島。まだ完全には明るくなっていませんが、今日も天気が良さそうで素晴らしい一日になりそうです。

ホテルは予約していませんでしたが、ガイドブックに掲載されていたレナという名前の安宿に行き、幸い部屋もあいていたので、とりあえず荷物だけ部屋に置かせてもらい街に出ることにしました。

 

クレタ島での滞在予定は3日間。

エーゲ海に浮かぶギリシアの島の中では最大、地中海の中でもシチリア、サルデーニャ、キプロス、コルシカについで5番目というかなりの面積がある島です。

これだけの大きさの島を3日間というのはけっこう無謀ですが、とりあえず目的地を絞って観光することにしました。

というわけでクレタ島での最初に観光する街に選んだのはハニアという、イラクリオンからは西に約145キロの場所に位置する街で、街の規模もイラクリオンに次いでクレタ島では2番めという比較的大きな街です。

クレタはヴェネツィアの統治下に置かれていたこともあるのですが、ハニアはクレタの中でも特にヴェネツィア時代の名残を残しているとのことで、ヴェネツィア大好きな私にとってぜひとも来てみたかったところでした。

イラクリオンからはフェリーターミナルに近いバスステーションAから約2時間半で、イラクリオンを7時半に出発したので10時過ぎにはハニアに到着することができました。ちなみにさすがは観光地。けっこう朝早くのバスだったのにもかかわらずかなりの観光客でバスの座席を埋めていました。

ハニアは人口5万人以上の割合大きな街ですが観光スポットは街の中心に集まっており、パスステーションも街の中心にあって観光には便利なところです。

まずはヴェネツィアン・ポートを目指したのですが、その道中の旧市街は狭い路地に民家、ペンション、レストラン、カフェやおみやげ屋などがひしめいています。ここの旧市街がクレタ島でもっとも美しい都会の地区といわれているのもわかる気がします。まだ他の街は行っていませんが笑

Street4

Street14

Street8

Street

そしてその美しい旧市街を抜けて見えてきたのがヴェネツィアン・ポート。港沿いにはレストランが立ち並び、まだお昼前ですがお客さんも見かけます。

Port52

そしてヴェネツィアの次にこの街の支配者となったオスマントルコ帝国時代のモスクも港のそばにあったりと、この街の歴史の移り変わりを感じさせます。またモスクの他にも公衆浴場(ハンマーム)もつくられていたりします。

Yiali Tzami Mosque

港はヴェネツィア時代の防壁に囲まれており、ここは歩くことができます。

Port26

城壁側から見た港とその先の旧市街も美しいです。街の反対側にはエーゲ海の青い海が広がっており、こちらも素晴らしいです。

Port36

それから博物館を鑑賞し街の歴史を学んだあと、要塞などを見てマーケットを覗いてみました。

Open Air Market4

Open Air Market7

Open Air Market10

地元の人だけでなく、長期滞在の旅行者も多いようで、かなりの賑わいをみせていました。野菜や新鮮な魚などの食料品だけでなく、日用品も衣類や日用雑貨などが売られています。

ハニアの近くにはビーチもあり、またヨーロッパでも随一ともいわれるサマリア渓谷の拠点ともなり、ナイトライフも充実しているので、わたしも余裕があればしばらくこの街に滞在したかったのですが、時間が限られているので、泣く泣くハニアの街をあとにすることにしました。

本当はここからもっといろいろなところに足を伸ばしたかったのですが、時間もないのでイラクリオン方面に戻ることにします。しかしまっすぐイラクリオンに戻るのではなく、イラクリオンとハニアのほぼ中間に位置するレティムノに寄ることにします。

 

長くなるので続きます・・・。

 

Viaggio について

旅行大好き人間です
カテゴリー: ギリシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です