中国 遼東半島の旅2(大連)

8月13日 中国東北部最後の旅は大連である。大連というと日本人なら旅順港を思い浮かべる。しかし重要軍事エリアということで普通にはこの地帯には入れません。ツアーがあるはずだと旅行社に行ってみました。しかし、二百三高地-旅順ツアー料金は高額なので(お金持ちの日本人はせっかく来たのだからと契約するのだろう)すっぱり断念し、街観光に切り替えました。

 

ロシア人街から下町を散策をしました。一般観光客が闊歩するメインストリートのきらびやかな街並み、歴史的な渋い建造物はたしかにすばらしいのだけれど、ちょっと裏通りに入ると写真のような公共サービスに疑問を感じる光景が広がり驚かされます。

24

一旦ホテルに戻り、駅前の食堂に行ってみました。そして写真の食堂に入り、メニューにカレーがあったのでおもしろがって注文してみました。しかしそれは外観だけのとんでもない代物でした。おまけにビールも含めメニューに書いてあった額の倍の金額を請求します。チェックしない日本人ならうっかり支払うのでしょうが私は抗議しました。しかし、女主人(写真)は開き直ってまくし立てます。結局、面倒になって支払って出ました。いろいろトラブルもあった旅だけど、金額はともかくこの食堂でぼられたことが一番悪い印象になってしまいました。

25

午後からは大連市民の憩いの場だという労働公園へ行ってみました。ところが、そこはものすごい数の熟年がトランプ博打に興じている異様な雰囲気の公園でした。これが年金生活を保障されている共産中国都市戸籍の老人の行く末なのでしょうか。

次に労働公園の奥にある写真のテレビ塔に登ってみました。旅の終わりに大連を一望しようと思ったのです。ところが、すごいスモッグに真下の下界ですらかすんでいます。

今回の中国旅行ではどちらかというと最後まで中国の問題の部分に接することが多く、その未来を心配させられる旅になりました。

26

Viaggio の紹介

旅行大好き人間です
カテゴリー: 中国 遼東半島 大連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です