フラッシュユニオン ユニオンスイマー 使い方

はい、こんにちは。
先日久々に雑魚釣りに行って来たのですが、妙にハマってしまい、のべ竿を買おうか検討中です(笑)
ゆっくり腰を据えてビールを片手にのんびりとした釣りはいいストレス発散になりますね。

さて、今回はソフトスイムベイト最終章というお約束でしたね。
今回紹介するスイムベイトはまだ発売されて日が浅い、フラッシュユニオンさんのユニオンスイマーです。

このユニオンスイマーはノーマルでフローティングにセッティングされているスイムベイトで、そのまま使っても普通に釣れそうなのですが、僕は100%チューニングして使っています。

チューニングと言っても、そんなに難しいものではなく、誰でも簡単にできるチューニングですのでご安心下さい。

まずは、純正のフックをスイベルごとすべて外します。
そして、フックが付いていたアイにワンタッチ系のシンカーを装着します。(狙いたい水深に合わせてお好みのウエイトでどうぞ)
僕は大体7gを使うことが多いです。

そして、フックは背針にしています。
システムを組むのが面倒な方はザップさんのヒッチフックのMサイズをそのまま使っていただいても大丈夫です。

1フックではフッキングが心配という方は更にアシストフックをつけて頂いても大丈夫ですが、僕の使い方ですと!100%丸呑みなので1フックで充分です。

ヒッチフックでも5kgまで釣っていますが、全然伸びることもくボディの損傷も少なく、かなりおすすめです。

ユニオンスイマーは元がフローティングですので、シンカーで無理矢理沈めると、当たり前ですがボディは浮こうとします。
なので、ボトムに立つ様になるのですが、背針にしていることにより綺麗には立たず、危うい状態になっていると想像しています。

使い方は一旦ボトムをとってもらってから、ボトムのロックや何かモノに当てながら巻いて来るだけです。

不安定な浮力の状態で何かに当てるとかなりいい感じでバランスを崩し、ユニオンスイマーのボディ形状も相まってかなりのフラッシングが発生します。

バイトの出方は根掛かりかと思うようなゴツっとしたモノで、一気に丸呑みになっていることが多いので、ラインは太めのものを使うようにすると更にいいと思います。

ちなみに僕はユニオンスイマーではまだ60以下は釣っていません(笑)

値段も決して安くはないのですが、ユニオンスイマーは耐久性も抜群でなかなか壊れないので、意外とコスパはいいんじゃないかと思います。

さて、次回からはハードプラグを紹介しようと思います。乞うご期待!

Viaggio の紹介

旅行大好き人間です
カテゴリー: 釣りの解説(主に琵琶湖) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です